カウンセリング 日本ライフコンサルティング協会
カウンセリングの基本理念 カウンセリング
心理カウンセリング
キャリアカウンセリング
リーズナブルなカウンセリング

■心理カウンセリング


JLCAでは、“依存症”に対するカウンセリングを専門に行っています。


■依存症とは

依存症とは、物事に快楽や安心感を求めて、依存するものがないと不安・不快になる心の状態を指します。
カウンセラー紹介
カウンセリングへのアクセス
カウンセリングの返金
カウンセリング以外のメニュー
お問い合せ:
info@jlca.org
  人間は、多かれ少なかれ、何かに依存して生きているものです。しかし、度が過ぎる場合、体に害のあるものへ依存する場合、過度に金銭や時間を必要とするものに依存する場合、実生活に支障が出てくることになります。

有名な依存症として、以下のようなものが挙げられます。

◆たばこ依存症
◆アルコール依存症
◆買い物依存症
◆ギャンブル依存症
◆恋愛依存症 など

しかし、依存の状態とは、心の悩みやストレスが、たばこやアルコールなど別の対象物に依存することによって、表に出てきた形に過ぎません。例えば、アルコール依存症の場合、ただ単にアルコールを排除しても、本人にとっては、悩みやストレスを"依存”する対象がなくなってしまうことになり、さらに苦しい状況へと追い詰められてしまうことになるのです。


JLCAでは、表に出てきた現象だけにとらわれることなく、心の中にある悩みやストレスを解消することにより、依存症の解決を目指していきます。


JLCAでは、薬物依存症の方のカウンセリングは行っておりません。必ず精神科の診断を受けるようにお願い致します。



■JLCAカウンセリングの特徴


(1)イメージ療法を中心としたカウンセリング

イメージ療法を中心に、クライアント中心療法、論理療法、催眠療法、リラクゼーション療法、フォーカシング等々を用い、クライアントに最も適した方法でカウンセリングを行っていきます。

いわゆる対話を基にしたカウンセリングの場合、一般的には、数ヶ月から時には何年にも渡って、カウンセリングを受け続けることが必要になる場合もあります。つまり、クライアントは、それだけの時間とお金が必要になるということであり、かかる負担が非常に大きなものになります。


一方、イメージを用いたカウンセリングの場合、心の実感に触れやすくなるため、早ければ3ヶ月程度(3〜5回)で、何らかの効果を実感出来ることが多く、クライアントの負担を減らすことが出来ます。


(カウンセリングには、向き不向きがありますので、すべての方にイメージ療法が有効という意味ではありません。)


(2)リーズナブルな値段設定

通常、カウンセリングを受ける場合、1時間1万円から、時には2万円以上かかる場合もあります。JLCAでは、一人でも多くの方にカウンセリングを受けてもらえるよう、通常の半額以下で価格設定をしています。

⇒詳細はこちら


(3)ワンコインカウンセリング ・ 返金制度

一度も会ったことがない人に、カウンセリングを受けるのは不安。 高いお金を払って、効果がなかったらどうしよう。 こんな不安を解消するため、ワンコインカウンセリングおよび返金制度を設けています。


ワンコインカウンセリング:
わずか500円で、カウンセリングの説明からミニカウンセリングまで受けることが出来ます。

⇒詳細はこちら


返金制度:
カウンセリングを受けても、何の効果も感じられなかったとき、全金額の半分をお返しするという制度です。

⇒詳細はこちら




今までのカウンセリングは、高い、時間がかかる、効果がわからない。従って、よほどの悩みでない限りカウンセリングを受けない、などなど様々な問題点がありました。

これが、カウンセリングの普及を遅らせる大きな原因だと考えています。


JLCAでは、「一人でも多くの方に」を理念に、より気楽にカウンセリングを受けて頂きたいと思っています。



⇒料金・申し込みへ

⇒HOME